地域の交通事故削減支援サービス Dr.ワトソン 地域の交通事故ゼロに向けた新たな取り組み地域の交通事故削減支援サービス Dr.ワトソン 地域の交通事故ゼロに向けた新たな取り組み

サービス概要

【Dr.ワトソン】はドライブレコーダーを活用した、地域の交通事故削減支援サービス。【車録】で収集したドライブレコーダーデータを蓄積し、分析したデータをご提供することで、地域の事故削減のためのPDCAサイクルを効果的に循環させるためのサービスをご提供します。

Dr.ワトソン

ドライブレコーダーのデータを分析して、地域の交通事故ゼロを目指します。
【Dr.ワトソン】を導入することにより、事故が発生した瞬間の状況など、これまでにはわからなかった詳細な要因がデータとして見ることができます。このデータにより、「危険箇所の明確化」「事故発生要因の特定」「事故対策の策定・施工」「対策の効果検証」といった交通事故のPDCAマネジメントを効果的に循環することが可能となり、安全で安心できる地域づくりを行うことができます。

危険箇所を発見! 原因を徹底検証! 地域のあんしん!

事故分析のPDCAマネジメントサイクルを
実践し、事故リスクを継続的に改善する。

弊社の「車録シャーロック」にて収集したドライブレコーダーのデータを活用して、地域の事故分析をするのが「Dr.ワトソン」のサービスです。ドライブレコーダーは、急ブレーキ前後の数秒間のビデオ映像を記録するものであり以下の3つのデータを収集することができます。

1 位置データ 緯度・経度(急ブレーキ、急ハンドル発生時) 2 運転データ 速度、加速度(左右、前後、上下)、ブレーキ 3 映像データ 前方のビデオ映像(前方の自動車、歩行者、自転車の動き)
ワトソンを活用したPDCAマネジメントサイクル
Plan 事故対策の検討
事故が起きそうな危険箇所の可視化
これまでの事故データでは分からなかった潜在的な危険箇所(事故発生の一歩手前の危険箇所)についてドライブレコーダーデータを集計することで、急ブレーキ等が多発する箇所が抽出され、各管理者が対策すべき箇所が明らかになります。
急ブレーキ発生マップ
急ブレーキ発生マップ
事故発生に至る過程(事故要因)の特定
ドライブレコーダーで収集した映像と運転データを分析することで、事故データでは分からなかった事故発生に至る過程が分かるようになり、事故要因を特定することができます。
ヒヤリハットヒヤリハット瞬間の映像例(沿道への急な飛び出し)
ヒヤリハット瞬間の映像例(沿道への急な飛び出し)
Do 安全対策の実施
事故要因に基づいた対策の検討
これまで分からなかった事故の状況をデータとして明らかにすることができるため、この要因に基づいた効果的な対策が作成できます。
スピードを抑制するための対策例
スピードを抑制するための対策例
地域住民が気をつける箇所の抽出
急ブレーキや交通事故が多い箇所、あるいはヒヤリハット体験も含めてwebで公開し、地域住民へ情報発信することで、道路を通行する際に交通安全に気をつける箇所を示します。
ヒヤリハットMAPをWebで公開
ヒヤリハットMAPをWebで公開
Check&Action 効果検証と改善
対策効果のスピーディーな検証
ドライブレコーダーのデータを活用し、対策の実施前後で急ブレーキ等が減少しているか否かを検証することで、対策効果がスピーディーに把握できます。
急ブレーキ発生件数の比較図
急ブレーキ発生件数の比較図
更なる改善策の検討
対策効果が少ない場合は次のステップ(Action)として、対策の改善策を検討することで、PDCAスパイラルアップを図り、事故を削減することができます。
更なる改善策の検討

資料請求・お問い合わせ

  • お電話によるお問い合わせはこちら

    03-6311-7864
  • メールによるお問い合わせはこちら

    資料請求・お問い合わせ
  • 事故削減・安全運転分析支援サービス 車録[シャーロック]
  • 車両管理BPOサービス
  • 地域の交通事故削減支援サービス Dr.ワトソン
TOP